ビルド・フルーガス ロゴ

ビルド・フルーガス、スケジュール

Taku Ito Photo Exhibition

2015.9.29-10.4


タイトル
仙台写真月間2015 伊東卓 「 空白 」

 小学校の高学年に上がるころ、古い長屋に暮らしていた我が家に、部屋が増えることになった。それは、年頃になる姉と私の部屋にするためのものだった。
もっとも増築するわけではなく、背中合わせに建つ、裏側の家の壁を壊してつなげようというのだ。表側の我が家と違って、裏側の家はすぐ目の前に崖がせまり、いつも湿った感じがして、空き家が目立った。
 工事が終わると、台所の奥の壁はなくなり、唐突にできた廊下を私は何とも奇妙な思いで眺めていた。その先には自分の部屋があるのに、いつも廊下を渡ることに躊躇いがあった。子供の足でせいぜい10歩程で渡れたのだが、あの頃はとても長く感じて仕方なかった。  

日時
2015年9月29日(火)- 10月4日(日) 11:30-17:30 月曜定休
<関連プログラム>展示作家とゲストによるアーティストトーク
日時 2015年 10月4日(土)16:00-17:30
トーク 佐伯一麦 x 伊東卓
予約不要・参加無料

場所
ビルドスペース 塩竈市港町2-3-11

プロフィール
伊東 卓(いとう たく)
1971年 仙台市生まれ
1998 年 個展「日没の温度計」エルパーク仙台展示ギャラリー
2001 年 個展「あたたかい岸」artspace 宙
2002 年 個展「town」artspace 宙
2003 年 個展「新town」re:bridge edit
2006 年 個展「遠い一群」artspace 宙
2009 年 個展「たいら」ギャラリー青城
2011 年 二人展「311 以降」gallery COEXIST
     個展「ROOMS」SARP
2012 年 企画展「東北より」ニコンサロンbis 大阪
     個展「ROOMSⅡ」SARP
2013 年 個展「ROOMSⅢ」SARP
2014 年 個展「漂う昼 ROOMSⅣ」birdo space

佐伯一麦(さえきかずみ)
1959年仙台市生まれ。作家。
高校卒業を前に上京。電気工など様々な職業を経て作家になる。『木を接ぐ』野間文芸新人賞、『ア・ルース・ボーイ』三島由紀夫賞、『遠き山に日は落ちて』木山捷平文学賞、『鉄塔家族』大佛次郎賞、『ノルゲ Norge』野間文芸賞、『還れぬ家』毎日芸術賞、『渡良瀬』伊藤整文学賞。他の著書に、『一輪』『少年詩編』(文庫本は『あんちゃんおやすみ』に改題)、『川筋物語』、『石の肺アスベスト禍を追う』、『震災と言葉』、『誰かがそれを』、『光の闇』、『とりどりの円を描く』、『麦主義者の小説論』他多数。

Nana Shibuya & Misato Fukuda Exhibition

2015.9.5-11


タイトル
渋谷七奈・福田美里「未確認生命体」

わたしたち"人"というのは誰もが他人の本質を正確に知ることはできない。一人ひとりの個性というものは明確ではないのだから・・・・。未確認生命体は常に私たちの日常に潜んでいる。

日時
2015年9月5日(土)- 11日(金)※最終日は17:00まで 11:30-17:30 月曜定休
 レセプションパーティー 9月5日(土)18:30〜
入場無料
場所
ビルドスペース 塩竈市港町2-3-11

プロフィール
渋谷 七奈(しぶや なな)
1994年 宮城県うまれ
生活文化大学高等学校・美術コース卒業。東北芸術工科大学・日本画コース在籍。
宮城、東京を中心に活動している。
2013年 第67回 二紀展 入選
2014年 グループ展「JUKE BOX」 ギャラリーEnoma 仙台
2014年 第68回 二紀展 入選
2014年 第6回 トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞 入選
2014年 第51回 「20代新鋭作家による絵画展」参加 仙台
2015年 グループ展「国展」参加 ギャラリー TURN AROUND 仙台
2015年 世界絵画大賞展2015 入選

福田 美里(ふくだ みさと)
1994年 宮城県うまれ
宮城県宮城野高等学校・美術科卒業。東北芸術工科大学・洋画コース在籍。
主にグループ展を中心に活動している。
2014/2015年「あの子このごろ展」 ギャラリー専 仙台
2015年 2人展 「ベリーレア展」新宿眼科画廊 東京
2015年 「蒼龍ワインラベルコンペⅥ」 ヴィンテージルージュ賞 受賞

Sartorial Mischief × Trace JOINT EXHIBITION

2015.7.25-8.1


タイトル
Sartorial Mischief × Trace JOINT EXHIBITION “LOCALTURE”

私たちSartorial Mischief ・ Traceは地元仙台を拠点に活動している洋服ブランドです。
2012年より活動を開始し年2回の展示会を仙台市内のギャラリーにて開催してきました。
その活動の中でそれぞの地域で活躍するクリエイターの方々と知り合う事ができ、宮城県には仙台市外にも面白い素敵な地域が沢山あるということを知りました。
そこで今回から宮城県の各地域にスポットを当て、それに因んだアイテムをプラスした展示会「文化+地域=LOCALTURE(ローカルチャー)」を行いたいと考えました。
その第1弾としてこれまで特にお世話になってきた『塩釜』にスポットを当て、ビルドスペースさんのご協力のもと新作展示会を行います。

日時
2015年7月25日(土)- 8月1日(土) 11:30-17:30 月曜定休
7月25日 19:00~ シルクスクリーンワークショップ ・ 8月1日 19:00~ スナップ撮影ワークショップ
入場無料
場所
ビルドスペース 塩竈市港町2-3-11

AKANE TANIFUJI PRINT EXHIBITION

2015.4.18-4.26


タイトル
谷藤茜 版画展

東北生活文化大学学科内コンクール「ビルドフルーガス賞」受賞企画では
受賞作品《Floride IV》をはじめとする谷藤茜の版画作品を展示します。
谷藤は、ウミウシの独特の配色や生態を用いて"花"を表現しています。
これら幾重もの色の掛け合わせや線描の響き合いによって表れる谷藤版画ならではの浮遊感をお楽しみ下さい。

日時
2015年4月18日(土)- 26日(日) 11:30-17:30 月曜定休
入場無料
場所
ビルドスペース 塩竈市港町2-3-11

プロフィール
谷藤 茜(たにふじ あかね)
1994年 仙台市生まれ 東北生活文化大学生活美術学科3年 版画ゼミナール所属
紙版画を中心に制作し、近年はシルクスクリーン技法で主に制作している

協力
東北生活文化大学 美術学科

TAKENORI KARAKAWA SKETCH AND OIL PAINTING EXHIBITION

2015.3.31-4.12


タイトル
唐川武紀在仏デッサン・油絵展 2015

フランス在住の画家・唐川武紀画伯が港町のフランス料理店「シェヌー」の扉を開けたのは25年ほど前。
その出会いから、シェヌー店内は唐川画伯の描いた南仏の風景が広がっています。

ふきのとうや山菜の香りを愛でる季節。
この春、唐川画伯が描くフランスの美しい村々の風景が塩竈・港町に広がります。

ビルドスペースでは、ノルマンディやアルマニャック地方等を描いた新作パステル画や油絵の数々を展示致します。
広々とした南仏の村々に注ぐ光に包まれ、春の訪れを感じて下さい。

「シェヌー」では、お食事を楽しみながら唐川画伯の作品をご鑑賞頂けます。春の食材を使った特別メニューをご提供しています。
この機会にお友達やご家族の皆様をお誘いの上、ぜひご来店ください。(ご来店の際には、ご予約をお願いします)
4月6日の月曜日(通常は月曜日・休業)に限り、11:00-17:00まで店内を開放しております。お気軽にお立ち寄り下さい。
コーヒー、ケーキのご用意もございます。

日時
2015年3月31日(火)- 4月12日(日) 11:30-17:30 月曜定休
入場無料
場所
ビルドスペース 塩竈市港町2-3-11

プロフィール
唐川武紀(からかわ たけのり)
1943年福岡県飯塚市うまれ、パリ在住。1963年織田広喜に師事。1966年ニ科展に入選、1968年渡仏。
1976-85年 サロン ド トンヌ入選。1977年 ナショナル ボザール入選。現在に至る。

お問い合わせ
info@birdoflugas.com 080-3198-4818(ビルドスペース)

PHOTO EXHIBITION "MEMORY OF THE OCEAN -FROM AFAR, FROM UP CLOSE -"

2015.3.17-3.22


タイトル
福島隆嗣・横山志穂 写真・二人展「海の記憶~遠くから、近くから~」

遠くから、近くから、思い出していくこと。

やがて海の方へ…

高校写真部顧問による、銀塩モノクロプリントの展示です。




日時
2015年3月17日(火)- 3月22日(日) 11:30-17:30 最終日~15:00
土日作家在廊
入場無料
場所
ビルドスペース 塩竈市港町2-3-11

お問い合わせ
info@birdoflugas.com 080-3198-4818(ビルドスペース)

プロフィール
福島隆嗣(ふくしま たかし)
仙台市在住 日本報道写真連盟会員 高校写真部顧問

横山志穂(よこやま しほ)
仙台在住 高校写真部顧問

TOHOKU JAPANESE-STYLE BINDING NOTEBOOK EXHIBITION

2015.2.1-2.28


(上段左より)石原一博、水野健一郎、灘本唯人、松永真、小田原亜梨沙(下段左より)河野裕麻、湯村輝彦、我喜屋位瑳務、寺本愛、榮良太


タイトル
東北和綴じ自由帳展

多くの方々にデザインの楽しさを知ってもらいたいと、リクルートホールディングスが毎年行っているチャリティ展の宮城巡回展です。
本展は、187人のクリエイターが無償で表紙をデザインし、東北の施設で働くハンディキャップのあるつくり手のみなさんが和綴じ製本する自由帳プロジェクト。販売収益の一部が被災地の子供達に寄付されます。
“東北から人と未来を結ぶ”という願いを込め、自由帳本文(無地)の用紙には、日本製紙石巻工場が震災後、復興作業の中で開発した「b7バルキー」が使用され、福島・宮城・岩手の被災3県の“働く障がいのある方々”が一冊一冊手作りしました。
昨年末に開催された東京・銀座での展覧会やクリエイターの全作品はコチラでご覧いただけます。


和綴じ自由帳
A5サイズ(148mm×210mm)、80ページ(40枚/本文は無地)、和製本四つ目綴じ



日時
2015年2月1日(日)- 2月28日(土) 11:00-18:00 月曜定休
入場無料
場所
ビルドスペース 塩竈市港町2-3-11 /同時開催 美術カフェPICNICA

会場販売
会期中、各会場で販売、その場でお持ち帰りいただけます。
即売価格:1冊1000円(税込)


和綴じ工房
「東北和綴じ自由帳」は、福島県、岩手県、宮城県の工房でひとつひとつ作られます。
自立研修所ビーンズ(福島県南相馬市)
まごころ就労支援センター釜石(岩手県釜石市)
あしあと(宮城県仙台市)
パル三居沢(宮城県仙台市)
パルいずみ(宮城県仙台市)
わたげの樹(宮城県仙台市)
みどり工房若林(宮城県仙台市)
一寿園(宮城県仙台市)
いずみ授産所(宮城県仙台市)


主催
みやぎセルプ協働受注センター

共催・巡回展協力
美術カフェPICNICA/ビルド・フルーガス

企画協力
㈱リクルートホールディングス クリエーションギャラリーG8、㈱リクルートホールディングス ガーディアン・ガーディン、PRe Nippon


CREATION Projectとは
多くの方々にアートやデザインの楽しさを感じてもらおうと、1990年からはじまった毎年恒例のチャリティー企画展。2つのギャラリーと交流のあるクリエイターの方々にボランティアで制作していただいた作品を展示・販売し、収益金をチャリティーとして寄付してきました。2009年より、「CREATION Project」と題し、デザインの力による豊かな生活の提案を目指しています。2011年の東日本大震災以降は、被災した地域の産業を応援したいと、東北での物づくりにこだわり、2011年「印染トートバッグ」(岩手・宮城・福島・茨城で製作)、2012年「アロハシャツ」(福島)、2013年「石巻バッグ」(宮城)を開催。3年間で合計約780万円を被災地の子どもたちを支援するために寄付させていただきました。

お問い合わせ
info@birdoflugas.com 080-3198-4818(ビルドスペース)