2022.1.18 - 2.20

斉藤文春書展 -俳句・短歌と書の交感 / A Calligraphy Exhibition by Bunshun Saito: engaging between Haiku/Tanka and Japanese Calligraphy

斉藤文春書展 -俳句・短歌と書の交感 / A Calligraphy Exhibition by Bunshun Saito: engaging between Haiku/Tanka and Japanese Calligraphy

展示紹介 / Exhibition Introduction

塩竈市市制80周年、ビルドフルーガス15周年に際し、地域の文化芸術の振興に尽力された俳人・佐藤鬼房(1919〜2002)、書家・青木喜山(1923〜1988)両氏に敬意を表し、関係する俳人・歌人を中心に、俳句・短歌による書作展を開催します。俳句/佐藤鬼房、青木喜山、渡辺誠一郎、水月りの、翁花、渋谷史恵, 短歌/小山朱鷺子、渋谷史恵、岡直勝、自作句歌

In celebration of Shiogama’s 80th year as a City and the 15th Anniversary of birdo flugas, we pay tribute to the works of poet SATOH Onifusa (1919-2002) and calligraphy artist AOKI Kizan (1923-1988). These two artists have contributed to the promotion of local culture and arts in Shiogama. In addition, we will hold a calligraphic exhibition of haiku and tanka, mainly by both haiku and tanka poets.

概要 / Summary

タイトル / Title
斉藤文春書展 -俳句・短歌と書の交感 / A Calligraphy Exhibition by Bunshun Saito: engaging between Haiku/Tanka and Japanese Calligraphy
日時 / Date
2022年1月18日(火)- 2月20日(日)11:30-17:30 
※月曜定休 入場無料

18 January 2022 (Tue) to 20 February 2022 from 11:30 to 17:30
Closed on Mondays
Free Admission
場所 / Venue
ビルドスペース birdo space 塩竈市港町2-3-11
2-3-11, Minatomachi, Shiogama City, Miyagi Pref. JAPAN 985-0016
ギャラリートーク / Gallery Talk (In Japanese Only)
1月29日(土)アーカイブ動画: 「俳句と書と」ゲスト・渡辺誠一郎氏
2月 5日(土)アーカイブ動画: 「俳句と書と」ゲスト・水月りの氏
2月12日(土)アーカイブ動画: 「書と言葉 -俳句・短歌」
ワークショップ「書で、俳句・短歌を書いてみよう!」
1月15日(土)14:00〜 @塩竈市公民館本町分室
1月22日(土)10:00〜 @塩竈市公民館本町分室
※各回先着10人 ※参加無料
プロフィール
斉藤文春 Bunshun Saito
1951年、北海道函館市生まれ。塩竈在住。
父親の転勤で中学進学と同時に塩竈市に転居。塩竈二中、仙台三高を経て東北学院大学経済学部を卒業後、塩竈市役所に入所。大学時代に書道研究部に所属し、書の創作に興味を持ち、打ち込み始める。これまで32回の個展をこなし、またレストラン・シェヌーなど塩釜市内のお店のロゴや商品、映画・演劇・出版物のタイトル文字なども手がける。
共催
ビルド・フルーガス
助成
塩竈市文化芸術活動継続支援事業補助金